カードローンとはそもそもどんな金融商品なのか

カードローンとは、銀行や信用金庫、信販会社、消費者金融などが提供している、担保と保証人がいずれも不要で、使途も原則として自由な個人向けの融資商品です。なぜカードローンといわれるのかというと、借り入れや返済を契約時に発行されるローン専用カードをつかって行うためですが、キャッシュカードなどの既存のカードに機能を付加させられるタイプや、条件付きでカード不要で利用できるタイプも登場してきており、商品名本来の意味は薄らいできているといえます。カードローンの申込者に対して融資を実施するかどうかは、住宅ローンや自動車ローンなどとおなじように審査を行って決定します。このとき、消費者金融や信販会社では自社で審査を担当する所が多いですが、銀行や信用金庫では審査業務を委託先の信用保証会社に担当させている所がほとんどです。信用保証会社とは、他人の債務を保証するために必要な業務を行う会社のことで、銀行や信用金庫の場合は、その金融機関のグループに属している消費者金融会社や信販会社が委託先となっていることが多いです。

カードローンの特徴の一つは、限度額に達するまでは何度でも借り入れができることで、ここが一度融資が実行されたらあとは返済を続けていくのみであるキャッシングや目的別ローンとの大きな違いです。また、このような仕組みであることから、毎月の返済額は最低限支払うべき金額として設定され、その金額以上のお金を期日までにカードローン専用口座に入金し続けている限り、延滞とみなされることはありません。最低返済金額は、特定の日が終わった時点の借入残高に応じて変動するシステムになっています。カードローンのもうひとつの特徴は、必要書類の少なさです。他のローン商品だと使途を証明する書類を何種類も準備しなければなりませんが、カードローンは使途が限定されていないため本人確認書類と収入証明書類だけで申し込むことができ、希望限度額が少なければ収入証明書類すら不要となります。カードローンは、年齢と収入以外に申し込み条件が設定されておらず、比較的簡単に申し込むことができるので、お金に困っているのであれば申し込んでみると良いです。